ペルーの牧歌的風景

地球にペタ

私が町から町へと移動する時、バスを利用することが多いのは
バスは町中を走り抜け、速度も遅いので景色や行き交う人の姿を
ゆっくりと見ながら移動ができるから。
クスコからチチカカ湖のある町プーノまでバスで約8時間。
途中、遺跡に立ち寄りながら
見知らぬ旅人たちとのんびり目的地に向かいます。

地球にペタ

バスの窓から見える景色は、町と草原と山が
まるでエンドレステープのように繰り返して通り過ぎてゆきます。
道中で、女の子が子犬と共に放牧をしている
ほのぼのとした風景を見て心が和んだ。
ここに住む人達にとってはきっと当たり前の風景
でも私達の日常にはない風景。
だからこそ新鮮に感じるんだろう。

地球にペタ

野口健さん似の真っ黒に日焼けした
男らしささえ感じる凛々しい顔立ちの男の子。
それにしてもリャマはちょっととぼけた顔が可愛い。
羊やヤギ、牛はどこの国でもよく見るけれど
リャマの放牧はペルーならではの風景かな。

地球にペタ

          ペルーに行こうか?わんわん

10 comments to “ペルーの牧歌的風景”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    ペルーの牧歌的な
    モノトーンの
    写真がとってもいいですね(^-^)/
    リャマを見ていると時間が止まったようで
    凄くなごみます
    まだ見ぬペルーへ思いがはせますね(≡^∇^≡)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    旅心がビシビシ刺激されます!!
    チチカカ湖、とても行ってみたいです。
    まずは、イースター島からせめようかな・・

  3. SECRET: 0
    PASS:
    南米ではバスの移動が多かった事もあり、この区間はあえて電車で移動しました。
    電車も良かったですが、バスののんびりした空気で良いですね。
    リャマの放牧風景は僕も忘れることができません

  4. SECRET: 0
    PASS:
    なるほど、バスは、現地の風景や空気などが生に感じることができていいですね!
    このモノクロ写真は現地の方の視線の力強さを感じさせます(^∇^)
    地平線がみえて、なんだか不思議な気持ちになります。
    ますます行きたくなっちゃいました♪
    野口さん、似てますね・・・( ´艸`)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    リャマかわいいですね~
    赤いリボンつけてるのもいましたよ♪
    いつかナナオさんも
    ペルーをのんびり旅してください。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    私も列車で行こうか迷ったのですが
    日中の移動だったのでバスにしました。
    途中の遺跡をいくつか見ながらの
    移動だったので面白かったですよ。
    青空に白いリャマは何だか
    心がウキウキしますね('-^*)/

  7. SECRET: 0
    PASS:
    標高が高く紫外線が強いので
    空の青色が濃く、雲が低く感じます。
    紺碧の空と丸いふわふわの雲と
    白いリャマ。そしてどこまでも続く
    緑の草原。絵本の世界みたいですね♪

  8. SECRET: 0
    PASS:
    私もクスコとプーノ間はバスで移動しました
    途中バス降りて
    リャマたちの写真撮りに走ってたら
    なんか息切れする…標高4300m地点でした(^▽^;)
    独特の味があって
    また行きたくなりますね…

  9. SECRET: 0
    PASS:
    確かに。私もプーノで野犬に追いかけられて
    走って逃げた時に息があがって大変でした。
    でも、帰国後自転車でいつもの上り坂が
    楽勝でした☆まさに高地トレーニングですね!

ひろみ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)