くっ、くま出たっ〜

地球にペタ



南東アラスカに位置するジュノー
アラスカの州都でもあります。
ちょっと前に2008年大統領選の共和党副大統領候補
サラ・ペイリンさんが話題になりました。(2009年に突然辞任)
ペイリンが州知事時代に住んでいた
街を見下ろす高台に立つ
ガバナーズ・ハウスの前を歩いていると
下の茂みにカメラを向けている
一組の夫婦がいました。
訪ねてみるとクマがいると。
えっっクマですか!?
ここ街中ですよね!!
下を覗いてみると
黒い塊が木や葉で見え隠れ
全身が見えたところでクマに向かって
声をかけるとひょいっと顔を上げて
こちらをガン見!(クマと私の間には
3メートルほどの高低差があるので安全です)
体長2メートルほどの大人のブラック・ベアでした
一緒にいたジュノー在住のマギーちゃん曰く
「うちの庭もクマの通り道になっていて
親子で庭のベリーを食べにきてますよ」
とごく普通の会話。
クマ怖くないの??
ジュノーにいるクマはブラック・ベアといって
こちらから危害を加えない限り
襲ってくることはないそうです。
街をよく見てみると
ゴミ箱はちょっとやそっとじゃ動かない
頑丈で鍵付きの耐クマゴミ箱が設置されています
これも共存するための必要な事
アラスカは自然の中に人間が住まわせてもらっている
という意識が自然と身に付く場所でした

地球にペタ

「おーい」と上から手を振って声をかけたら
「何?』と上を向いてくれました♪

10 comments to “くっ、くま出たっ〜”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    こちらから危害を加えなければ…といわれても
    クマには絶対出会いたくないっ(>_<)
    ホントに襲われたりした被害ってないのでしょーか

  2. SECRET: 0
    PASS:
    今晩は、自宅の近くでクマと出会うなんて、日本では考えられないことですね。
    したの写真クマが上向いて見ていますね。
    危害を加えなければと言っても、相手は猛獣、危害に遭ったことはなののでしょうか?
    ゴミ収集車の管理の人たち怖いでしょうね!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    お互いに踏み込み過ぎない
    暗黙のルールがクマと街の人の間には
    ありそうですね^^
    野生のクマと可愛いなぁ
    小熊のミーシャ・・・思い出しましした
    懐かしいー(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    クマが飛び上がっても絶対に届かない
    高さだったので安心して写真を撮りましたが
    目の前だったらちょっと怖いですね。
    地元の人たちはクマとうまく共存して
    慌てることはないそうです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    親子クマは母クマが子を守ろうとするので
    近寄ってはいけませんが
    一匹の場合は大丈夫だそうです。
    アラスカにはそこらじゅうに
    ブルーベリーやサーモンベリーが
    植わっていて人間と動物が競うように
    食べています 笑

  6. SECRET: 0
    PASS:
    私の住んでいる地域でもクマが出るので、ゴミ箱は鍵付き、「Garbage kills bears」なんていうステッカーが貼られていたりします。
    自然との共存、大切にしたいですよね。
    (私はなるべくクマとは遭遇したくないですが・笑)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    野生のクマに初対面は
    ちょっと嬉しくなりましたが
    同じ立ち位置だったら
    かたまりますね。。
    海にも危ないサメと
    大丈夫なサメがいるのと
    同じなのかなと。。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    アスペンですね!
    昨年車で通りすぎました 笑
    地球の土地は人間の所有物ではない
    ということを再認識しました。
    コロラドネタもupしてますので
    時間があるときに見に来て下さい☆

もんねちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)