ヘルシンキ デザイン ウォーク

森と湖に覆われた自然豊かな国フィンランド。自然と寄り添った暮らしの中で生まれたシンプルで生き生きとしたデザインは多くの人々を魅了してやみません。ヘルシンキの街には日常の風景や生活にちょっとだけ変化を与え暮らしが楽しくなる

ヘルシンキ〜森と海のごちそう

北欧の小国フィンランドをイメージするものといえばムーミンにサンタクロースにノキア・・・それだけではありません。フィンランドは今、ITにはじまり福祉、男女平等、虫歯予防、環境、デザインといった様々な「先進国」として紹介され

リアルジャングルクルーズ紀行

全長約6,500メートルの大河アマゾン川。上流はペルーに位置し、ブラジルを東西に横断して大西洋に注がれます。ペルーといえばアンデスやマチュピチュといった山岳地帯を想像しますがその国土の60%はアマゾン川流域に該当します。

おいしいフィンランド

ヘルシンキエアポートより アマゾンからドイツ、そしてフィンランドと なが~い旅がようやく終わろうとしています。 ただ今ヘルシンキの空港に早めに入って休憩中。 カフェのトレイがムーミン🎶 お持ち帰りしたいわ

グッゲンハイム美術館と旧市街

ビルバオ川沿いの下町に輝く船型をした建物。グッゲンハイム美術館はビルバオのランドマーク的存在。都市再生プロジェクトの一環として1997年に近現代美術専門の美術館として開館しました。 かつて工業都市だったビルバオは経済環境

世界遺産の橋を渡る

世界遺産の登録44件と世界第2位の登録件数を誇るスペイン。19世紀の末、世界初の運搬橋として開通したビスカヤ橋もそのうちの一つ。付近10キロに渡って橋がないビルバオでは橋渡しの乗り物が今も人々の暮らしに役立っています。

ビルバオ川沿い散歩

スペイン北部、バスク地方の最大都市ビルバオ。かつて栄えた重工業や鉄鋼業が今は衰退し10年ほど前からアートをテーマとした再開発が図られ見事に都市再生に成功しました。そんなビルバオは世界有数のアーティストがデザインした建物と