ハン・ハリーリで異邦人

イスラム地区にあるカイロ屈指の巨大スーク(市場)ハン・ハリーリは

ショッピングに興味がなくても一度は歩いてみたいところ。

14世紀に隊商宿が立ち並んでから、ここは賑わいの中心となっている。

無数の路地にありとあらゆるものがひしめき、旅人の目を楽しませてくれるのだ。

スークは同じような店や路地がたくさんあり、道を覚えているつもりでも方向感覚を失う。

道に迷ったと思ったら、あるいは待ち合わせはスークの入り口に立つ

12世紀に創建された由緒あるアル・フセイン・モスクを目印にするといい。

パンを売る少年。この体勢のままで商売をしている。おそるべしバランス感覚。

うず高く積まれた布やみやげ物。ベリーダンス衣装、香辛料、水タバコ、金銀製品、革製品・・・

店をのぞけば必ず引き止められる。ここでは価格表示がなされていない。

言い値から交渉を始めるので、すぐには買えない。

紅茶が運ばれ座って会話を楽しみながらじっくりと交渉する。

そうして半額に近いところまで値下げ交渉するのだ。

交渉が面倒な人や時間がない人は、ここでの買い物はほぼ損をするでしょう。

スークにエネルギーを吸い取られたら、ミントティで落ち着こう。

スークを包み込むかのようなアザーンの声、色とりどりのスパイス、香辛料の香り。

そんな風景は、かつて大ヒットした「異邦人」という歌を思い出させる。

子供ながらエキゾチックなイントロにゾクゾクしたものだ。

異邦人がテレビで流れる度、私を空想旅行に連れて行ってくれた。

同じ頃にヒットしたゴダイゴのガンダーラもそうだったな。

きっとそんな子供時代がこの「空想地球旅行」にも繋がっているのだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です