トワイライトタイム ルクソール

ナイル川の中流、新王国時代にテーベと呼ばれ、首都として栄えたルクソール。

川を挟んで太陽が昇る東岸は「生なる町」、太陽が沈む西岸は「死者の町」と分かれていた。

東岸には王や神々を祀る神殿、西岸には墓が建てられ王家の谷や王妃の谷墳墓が造られた。

東岸のルクソール神殿のトワイライトタイム。

ツワモノたちが見た夢が紫色の空に浮かび上がる。

ライトアップされる夜のルクソール神殿は夢幻に満ちている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です