気ままな旅

タージマハルへ行く途中にタイヤがバースト。しかも車修理屋さんの前で。もの凄い不幸中の幸いです。
だって他にあるのはガソリンスタンドとちっぽけなカフェだけ。その前も後ろも何もないのですから。
ということでしばし休憩となった。お国柄すぐにタイヤが修理される見込みはなく、かといって急ぐ用事もないので、この小さな村を探検だー!といっても見当たるのは、スナック菓子の売店の前に日傘とテーブルを置いた即席カフェとガソリンスタンドくらい。

即席カフェでは真っ黒に日焼けした顔に真っ白な服を着た男性が腰をかけ新聞を読んでいた。男性は怪訝な顔つきで、何度か私を睨むように見ている。
「ナマステ」と声をかけると、男性は目つきはそのままでうなずいた。
私も即席カフェでチャイを頼んで、しばらく目つきの悪いおじさんを観察していると、他の人と話す時も目つきが悪い。この男性はどうやらもともとこういう顔らしい。

おじさんに飽きたのでカフェの裏の細い路地を歩くと、赤土が広がる乾いた土地に、極彩色のサリーを纏った女性達が歩いていた。たくましさが伝わってくる美しい後ろ姿です。

もとの通りに戻ってガソリンスタンドに入ってみた。だだっ広い敷地の真ん中に給油機が2台ポツンと置いあるだけ。隅っこにおとなしい牛がいたので近まで寄ってみた。牛の背中を手のひらでよしよしと撫でると、牛は頭を下に向けて私に向かって突っ込んできた。おとなしかったはずの牛が走って追いかけてきた。
ダッシュで通りまで逃げて振り返と、牛は少し離れたところに止まってガン見してる。焦った~

4時間ほどの思わぬ途中下車の旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です