世界遺産コンサートinフエ〜ニャーニャック編〜

upが遅くなりました!あせるあせる

地球にペタ



三部構成の始まりは
ベトナム宮廷音楽と舞踏のニャーニャックから。
ニャーニャックとはベトナム「雅楽」のことで、
15世紀からグエン王朝が滅亡した1945年にかけ
てベトナム王宮で行われた舞楽で
公式の催しの儀式の始まりと終りに演奏されました。
ニャーニャックの演奏は、きらびやかな衣装をまとった
たくさんの楽士、歌い手、踊り手で構成されます。
大規模な楽団の場合は、太鼓が指揮者の役割を果たし
チャイム、ドラ、ベル、拍子木の打楽器、笛、小笛
角笛、チター、リュートの管楽器が加わります。


地球にペタ

地球にペタ

音楽に続き舞いが加わります。この舞は「Luc Cung Hoa Dang」
といいお供えの前にされる儀式の舞い。
蓮の花のランタンを持って
アクロバティックな舞を披露してくれます。
照明を落として蓮の花のランタンが
暗闇に浮かぶ姿はとても幻想的。
ニャーニャックは、王朝の崩壊と戦争によって
宮廷楽士を散り散りにし存続の危機に追い込まれました。
しかし、1994年からユネスコの援助と楽士とで
伝統の継承が再開され、フエ大学に雅楽科が設けられました。
今では王宮内で毎日数回定期公演が催されています。


地球にペタ


        フエに行くなら!船

12 comments to “世界遺産コンサートinフエ〜ニャーニャック編〜”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつも、ひろみさんのブログ見ていると海外出かけたくなります!!
    写真もとても素敵ですね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    華麗で、優雅で、幻想的で…
    完全に失われる前に伝承の道を確保できて
    本当に良かったです。
    こういうものは文化であり、人々の誇りでもあるはずです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます☆
    とりあえず行った気分にでも
    なっていただけたら嬉しいです
    (*^▽^*)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ニャーニャックの文化と伝統の継承は
    日本の国際交流基金も一役買い
    復興に務め、戦争を生き残った雅楽継承者
    3名を中心とする講師によって
    フエ芸術大学で若い世代へ
    雅楽の継承が進んでいるそうです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    写真、素敵です。
    海の中でランタンならぬライトをつけて、
    みんなで写真とってみるのも面白そう?
    なんて考えちゃいました。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    今日は、やはり伝統を守るというのは並大抵の事ではないのですね、色んな協力があってのこと
    ですね、家も父が篳篥を吹いておりましたので
    地域の春、秋祭りに神社で奉納しておりました、地区によっては巫女さんが舞いを舞っておりました。父が他界したので、後継者が居ないのと、み
    高齢者なので途絶えてしまいました。残念です。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ぜひ!中世浮力で人間ピラミッド
    やってみてては!?
    その際は写真アップしてくださいね!

  8. SECRET: 0
    PASS:
    お父さまの篳篥、巫女さんの舞、
    とても美しい光景ですね。
    継承していくには、多くの人の力が
    必要なんですね。いつかまた復活する
    時が来ますように。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    おー素敵ですね。
    ベトナムへは10回も行ったことあるのに、
    フヘだけはまだ言ってません。
    そのことをベトナム人の有事に話すと、
    フヘへ行かなければ、ベトナムへ行った意味がない
    と言われました。
    うーん次回はフヘ行かねば

  10. SECRET: 0
    PASS:
    ベトナムは地方色豊かで
    それぞれ違っているところが
    楽しいですね。フエは古都だけに
    ちょっと特別感がありますね。
    ブンボーフエというフエ名の
    物麺がお気に入りです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です