嘆きの壁で私も考えた

地球にペタ



旧市街のシンボルともいえる
神殿の丘の上に建つ金色屋根「岩のドーム」と呼ばれるモスク。
以前はユダヤ教の神殿でした。
ユダヤ地区を統治したヘロデ大王によって
紀元前20年頃に建てられた
神殿を取り囲む外壁です。
A.D70年に起きたユダヤ人の反乱で
ローマ軍が鎮圧する際に神殿の壁は破壊され
西側の壁だけが残ったそうです。
英語では「westrn wall」と呼ばれています。
日本人にはちょっと味気ない。

地球にペタ



2世紀に起きたローマ軍支配に対するユダヤの反乱により
ユダヤ教徒はエルサレムへの入場が禁止され
4世紀以降は年に一度の入場が許されてそうです。
1948年からエルサレムはヨルダンの管理下に置かれ
近づくことすらできませんでした。
1967年に起きた6日間戦争でエルサレム東半分
(旧市街を含む領域)を制圧以降、
ユダヤ教徒はようやく自由にエルサレムを訪れることが
できるようになったそうです。
とはいえ、エルサレム問題はまだ平和的解決はしていません。

地球にペタ

壁に行くには、まずセキュリティチェックを受けます。
壁は男性と女性で祈りの場が分かれています。
壁の前に置かれたヘブライ語の教典を取って
壁に向かって静かに詠みます。
もちろん私は詠めませんが。
涙を流しながら詠んでいる人もいました。

地球にペタ



ご老人と女性兵の寄り添うように祈る姿が印象的でした。
イスラエルでは女性も約2年間の兵役を課せられます。
世界には多くの宗教がありたくさんの宗派がありますが
祈ることは幸福と平和なのではないでしょうか。

2 comments to “嘆きの壁で私も考えた”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    嘆きの壁・・・!
    この祈りの光景が平和を生めばいいのですが・・・
    まだまだ宗教間の争いが終わりませんですね。
    この祈りが通じて欲しいです。。
    しかし、この場所は訪れたい場所の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)