未来のホテルマンを育てる観光大学でいただく   マカオ料理


 モンハの丘の、緑豊かな敷地に建つコロニアルホテル 

「ポウサダ・デ・モンハ」は、発展を続けるマカオで、

ホテル業界のエリートを育てるマカオ政府立大学

「澳門旅遊学院( 通称IFT)」のホテル兼実習施設。

授業プログラムの一環としてIFTで学ぶ学生が、

実際にフロントに立ち、さらにベッドメイキング、

レストランでのサービス、調理などを行っています。

施設内のレストラン教学餐廳(エデュケーショナル・レストラン)に行ってきました。


      ホテルマネージメントを学んでいる学生君。

IFTでは、国内外の有名ホテル及び観光産業へ

輩出している有名校。競争率5倍の難関をくぐり抜け、

4年間でホテルに関する基礎知識、観光学、

ゲストサービス、マネージメントなどを英語で学びます。

 

マカオ料理「ミンチィ」ドライカレー風のスパイシーな挽き肉に目玉焼きをのせたもの。「ハイチ」のドライカレーっぽい味(マイナーですみません)日本人なら大好きな味

学生達の実習施設を兼ねたこのレストランでは、

自家製パンをはじめ

オリーブオイルや庭で育てたハーブを使った

ポルトガル料理とマカオ料理が楽しめます。

伝統を保ちながらもプレゼンテーションは

流行を取り入れたモダンスタイルに

仕上げているのもなかなかです。 


 スパイシーなトマトソースがかかったマカオ名物アフリカンチキン。

 今回食べたアフリカンチキンの中でもかなりのレベル高し!

シェフもホール・スタッフも学生と教員が中心なので、

仕事が真剣、丁寧。その上クオリティ、

サービス共に文句なし。実習を兼ねたレストラン

とはいえ、他の店と味も店内も見劣りすることのない、

美味しくて、しかもお手頃な値段で食べられる

お墨付きおすすめのレストランです。

              

   高層ビルを背に屋上庭園でたわわに実るマンゴー。

DATA

IFT Educational Restaurant(旅遊學院教學餐廳)

住所:澳門望廈山 旅遊學院内(マカオ半島)

TEL+853-8598-3077

営業時間:12:3022:30(金19:00~はブッフェ)

定休日:土日祝

予算:アフリカンチキン 80パカタ

アクセス:セナド広場からタクシーで約10

運転手に「旅遊學院」と書いたメモか地図をみせると

わかってもらえます

9 comments to “未来のホテルマンを育てる観光大学でいただく   マカオ料理”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    先日は、プレゼントありがとうございます。
    旅遊學院、ですね!
    セドナ広場からタクシーで10分なら~
    立ち寄ってみたいですね。
    また、マカオに行く楽しみが増えました~

  2. SECRET: 0
    PASS:
    元気なら歩いても行けます☆
    丘の上なので行きはちょっとキツいけど
    お腹空かせるのにはいいかも☆
    お昼はメインを頼めばデザートビュッフェが
    500円くらいで食べられますよ~

  3. SECRET: 0
    PASS:
    一般の人達も自由に食事に行けるんですね!
    実際にお客さん相手に実習できるなんて、素晴らしい学校ですね!
    利用する側も学ぶ側も利益のある素敵なレストランですね♪

  4. SECRET: 0
    PASS:
    実習生のサービスなので
    プロとはいえませんが
    一生懸命な姿が新鮮です。
    料理はその辺のレストランよりも
    美味しかったですよ♪

  5. SECRET: 0
    PASS:
    今晩は、凄いですね、マカオ政府立大学で、ホテルで実施しながら学んで、しかも宿泊もできるのですね。
    日本の机上だけの勉強ではなく、実際に経験積みながら、学んでいるのですね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    マカオは観光行で潤っている国なので
    育成学校にも力を注いでいるそうです。
    ちなみにカジノ学校もあるのですが、
    そちらは授業料無料だそうです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    真剣な実習生さんたちならば、ほほえましいし、プロ並みでなくとも、気持ちのよいサービスが期待できますね♪ 明日に繋がる仕事をしている人々は気持ちがいいですね~。
    マカオの人って、いわゆる中国人というより
    香港人(?)に近い気がするんですけど、(語弊があるかな?)どうなんでしょう?

  8. SECRET: 0
    PASS:
    マカオは香港人ではなく
    マカエンセという
    ポルトガル系中国人が多く
    80年代生まれの人までは
    国籍を選べたので海外へ行くのに
    規制の少ないポルトガル国籍の方が
    多いようですよ。
    言語は広東語が主ですが
    古くはマカオ独自の言葉もあるみたいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)