アメリカを象徴する2つの彫刻

サウスダコタ州と聞いて、ピンとこない人も多いでしょう。
しかし、「
4人の大統領の顔が彫られた山」と言えば
イメージできるのではないでしょうか。

ここは、アメリカ史を語る上で外すことはできない場所
ネイティブ・アメリカンの聖地であり
また周辺は映画のロケ地となった場所も多く点在する
実は見どころの多いところなのです。


玄関口となるラピッドシティの周辺には
手付かずの大平原が広がっています。
空港から市内までの幹線道路沿いには草原が続き、
今にもバッファローが土埃を上げて走ってきそうです。
またここはアカデミー賞並びに
ゴールデングローブ賞を受賞した
ネイティブ・アメリカンと開拓者(白人)との心の交流を
描いた映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」の舞台でもあります。
今からたった130年ほど前は、この地はもともと
ネイティブ・アメリカンであるスー族の土地でした。
ラピッドシティ南西部の森で金脈が発見され
ゴールドラッシュ期を迎えると、多くの開拓者たちが
移り住むようになり、坑夫や鉱山師がスー族に約束された
土地に違法に侵入するようになりました。
次第にスー族との争いが激化され
最終的にはアメリカ陸軍がスー族を破り
スー族は居留地へ移されました。
その後この地は
40番目のアメリカの州となりました。
そんな歴史を物語るかのように
この地には
2つの偉大なる彫刻があります。

ひとつはラピットシティから車で45分のところにある
アメリカ民主主義の象徴として、その礎を築いた

4
名の大統領の顔が彫られたマウント・ラッシュモア国立メモリアル。
アメリカ人にとっての一生に一度は訪れるべき場所だといいます。
アメリカ
50州の州旗がはためく先に見えた大統領の顔の彫刻は
まさに背筋が伸びる思いです。
夜になると彫刻の前で、退役軍人と愛国心を称える
セレモニーが始まります。国内からたくさんの人が
訪れているのに驚きを隠せません。
「無名のアメリカ人が国のために仕えた」と始まった演説は
最後に「では、今日、あなたたちは自分の家族、
そして国のために何ができますか?」と問いかけで終わりました。
続いて愛国歌の「
America The Beautiful」を大合唱。
歌が終わる頃に闇夜で見えなかった大統領の顔の彫刻に
明かりがゆっくりと灯されます。
始めて見るその光景は、愛国心こそがアメリカ人の
精神を支えている柱のひとつとも感じられました。


澄み切った空を従えるような巨大彫刻
「クレージーホース・メモリアル」は
未完成でありながらもマウント・ラッシュモアと
相対するかのように存在感を示しています。
これは白人と戦ったネイティブ・アメリカンの英雄
「クレージーホース」を称える記念碑で
ネイティブ・アメリカンの文化の継承
そして教育の場でもあります。
1948年から建設が始まり現在も製作中。

ネイティブ・アメリカンの血を受け継ぐ彼らにとって
クレージーホースの彫刻は精神的に大きな存在であり
目に見える心の支えを持つことで
ルーツの誇りへと繋がっているということを
彫刻の近くで店を営む女性が話してくれました。 

旅行者である私たちにとっては
どちらも山に彫られた彫刻に過ぎないけれど
2つの彫刻はとても意味深いもの。
なぜこの地に存在するのかは
アメリカ史を紐解けばきっと見えてきます。
旅はその土地の歴史を知ることによって
さらに理解が深まり楽しくなるものです。


8 comments to “アメリカを象徴する2つの彫刻”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    先住民(インディアン)がいた所への略奪、攻撃は昔の事?・・・と思っていましたが、今朝のニュースで「アマゾンの先住民が虐殺」された事を知りました。
    アマゾン奥地に住む先住民「ヤノマミ族」約80人が、不法入国のブラジル鉱山業者によって虐殺・・・世界では、未だに信じられない行為があちこちで起きてますね。悲しい事です。
    ひろみさんも気を付けて旅をして下さいね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    アメリカの「民主主義」って、いったい・・・・
    などと複雑な思いで読んでいたら、
    ヤノマミ族を虐殺?80人?
    絶滅じゃないですか!?
    ええええええええええ?????
    ど、どーするんだっ!?なんてことをするんだ?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    彫刻の写真凄いですね
    (°□°;)
    写真からでも圧倒されました!
    実は僕も旅、好きなんですよ♪
    旅行家羨ましいです!
    (≧∇≦)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ちょうどニュースでアマゾンの虐殺を知った後に
    ひろみサンの記事を読んだので
    なんか・・・・・
    平和である事の裏には長い間
    血が命が流れてきたのだと
    申し訳ない気持ちと大切にする気持ちと
    他に解決方法があるはずなのに
    何故虐げるのか・・・・・
    というループが・・・・・
    う~~ん
    また時間ある時にどこかでwwお話しましょ♪

  5. SECRET: 0
    PASS:
    権力と領土のために命をかけるのは
    いつの時代になっても抜けることない
    DNAなのでしょうか。
    いつか人が人を傷つけない世の中が
    くるのでしょうか。
    私たちがニュースで知る数々の出来事が
    ほんの一粒にしかすぎないとすれば
    世界ではどれだけ争いがおきているのか・・
    私にできることはなんだろう・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)