リアルジャングルクルーズ紀行

全長約6,500メートルの大河アマゾン川。上流はペルーに位置し、ブラジルを東西に横断して大西洋に注がれます。ペルーといえばアンデスやマチュピチュといった山岳地帯を想像しますがその国土の60%はアマゾン川流域に該当します。

日曜日はアルマス広場に全員集合!

インカ帝国の首都として栄えた都、クスコ。インカ帝国の時代から町の中心となるアルマス広場の周りには、16世紀に建築されたカテドラルやインカの皇帝の宮殿跡に建てられたコンパニーア・デ・ヘスス教会などの重要な建造物が広場を囲む

地上4000mの幻想世界

アンデス山脈のほぼ中央海抜3890mに位置するティティカカ湖。ペルーとボリビアの国境にまたがり面積は琵琶湖の12倍。インカの初代皇帝とその妹が湖に浮かぶ太陽の島に降り立ったという言い伝えがある古代インディオの聖地。 周囲

標高3900mで犬に追いかけられる

プーノは標高約3900m。 富士山よりも高い場所に海のように大きなチチカカ湖がある。 深く青い空と湖が強烈な自然光と共に目の中に飛び込んでくる。 トトラと呼ばれる葦の小舟に乗って、散歩をするように小さな島を気ままに巡る。

ペルーの牧歌的風景

私が町から町へと移動する時、バスを利用することが多いのは バスは町中を走り抜け、速度も遅いので景色や行き交う人の姿を ゆっくりと見ながら移動ができるから。 クスコからチチカカ湖のある町プーノまでバスで約8時間。 途中、遺

マチュピチュの水先案内犬

マチュピチュの麓アグアスカリエンテスに1泊した翌日、 早朝のミニバスに乗って 朝の空気を吸いに遺跡へと向かいました。 でも一番の目的地はインカ橋を見つけること。 その橋は、断崖絶壁の岩壁に沿って 石を積んでできた橋で物資

アウトバゴンの車窓から

朝6時、まだ外は薄暗いうちにアウトバゴンは マチュピチュに向けてクスコを出発。 列車は家と家の間をすり抜けて 手を伸ばせば塀に触れそうなくらいの 細い隙間を縫うように走ってゆく。 マチュピチュまで3時間の楽しい車窓の旅の