キリン保護センター@ナイロビ

ナイロビ近郊に建つジラフセンターは
絶滅の危機に瀕したロスチャイルドキリン
(ウガンダキリン)の保護繁殖を目的として
AFEW(African Fund for Endangered Wildlife)
によって設立されました。
現在ではケニアの学校生徒の教育プログラムや
観光客も餌をあげて触れ合うことができる
人気スポットです。

さっそくキリンの目の高さと同じ2階に上ってみると
キリンたちが餌をせがむように
首を長~く伸ばして待っています。


真っ黒で大きな瞳と小さな角。
よく見ると目の間にも角がある!
さらに後頭部にも2本の角で合計5本の角があります。
後頭部の角はネッキング攻撃で裏拳的に使うのか・・

小さなペレット(固形飼料)を一粒ずつあげていたら
こんな顔に。口がへんだぞ

慣れているキリンは頭をなでることもできます。


「餌もっとちょーだい」
長い舌を出しておねだりするキリン。
野生生活でのキリンはとても長い舌を器用に使って
鋭い刺を持つアカシアの葉を舌に巻き付けて食べます。
小粒なペレットでは長い舌を持て余しているようです。
グレーの舌はネコのようにザラザラとしていて
唾液もたっぷり。わたしの手はびしょびしょ。

キリンにここまで近づけるのは貴重な体験です。
またここでは、1930代に建てられた
イギリス人邸宅をホテルにした
マナーハウス「ジラフマナー」で宿泊も可能。
庭を自由に歩き回り、ゲストハウスにもやって来て
窓から首を突き出して食べ物をおねだりしてきます。
動物好きには夢のようなホテル。
ただし、一日6組のみの狭き門なので
予約が取れたら超ラッキー。
キリンと一緒に朝ご飯食べてみたいですね~

4 comments to “キリン保護センター@ナイロビ”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    すごいな~ひろみさん♪
    きりんさんおとなしいのかな?
    よだれが~w♪
    動物えんなら見たことあるけど
    あんなに近くなら
    迫力あるだろうな~wо(ж>▽<)y ☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    キリンちゃんはおとなしかったですよ♪
    ロングまつげでお目めぱちぱちです
    保護センターの最終目的は野生に戻すこと
    らしいのですが、これだけ慣れてしまうと
    野生には戻せないよな・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)