寝台列車に乗って少数民族に会いに行く

ベトナムの首都ハノイから北西へ約300km。
中国の雲南省と隣接する山岳地帯に位置するサパ。
山間にみごとな棚田が広がり
カラフルな民族衣装をまとった人たちが行き交
う独特の雰囲気のある場所です。
サパへはハノイから寝台列車でのんびり旅を満喫します。

ハノイを出発するのは夜の10時。
それまで街散策を楽しみます。
ハノイ駅周辺には廃線の両脇に
細長い家が軒を連ねていて
線路脇で洗濯をする人や髪を洗う人がいたり
線路の上を歩いていると何となく
ノスタルジックな気分になります。
普段の生活を垣間みられる
個人的にお気に入りの場所。
特に観光スポットではないので
あくまでも控えめに。

ホーチミンが商業の中心ならハノイは文化、行政の中心。
年々街は発展し続けているものの
フランス統治時代の建物も多くあり
レストランなどに利用されています。
街路樹の緑とバルコニーが備わった
色褪せた黄色の建物は
古き良き時代の面影を今に伝えています。

旧市街は小さな商店がひしめき
露店では野菜や魚が売られ
天秤棒を担いだ行商が路地を行き交い
バイクがクラクションを鳴らしながら通り過ぎて行く
まるでおもちゃ箱をひっくり返したようです。
最初はめまいを起こしそうになりますが
慣れてしまえばそれも風情があっていいものです。
最近はお洒落な雑貨屋やローカルデザイナーの
ブティックなども多く点在しているので
旧市街だけでも一日楽しめます。
細い路地がいっぱいあって道に迷ってしまいますが
旅はそんなことも楽しめる
心と時間の余裕を持ちたいものです。

ハノイ大聖堂近くの路地裏を入ったところにある小さなカフェ。
最近はハノイを訪れる度に、ここでしばしくつろいでいます。

オーナーは若い男子3人組。
内装は自分たちで手がけています。
テーブルも椅子もベトナムサイズ。
こぢんまりとしていて
隠れ家っぽい雰囲気もあります。
大聖堂の鐘の音と少し湿った空気が
異国にいることを教えてくれます。

ハノイ駅は街の中心となるホアンキエム湖から
徒歩で15分ほど。
毎日全国からたくさんの人がここに降り立ち
無数の出会いと別れが繰り返されています。
サパへ向かう列車もここから出発します。
情緒豊かな異国の駅を探索するのも旅の楽しみのひとつ。

今回乗車するのは
ベトナムでもっとも豪華な寝台列車と言われる
「ヴィクトリア・エクスプレス」。
サパを目指す場合、車では山々を越えるのに不便なため
列車に乗って中国との国境に接する町
ラオカイへ向かうのが一般的で
列車はそのほとんどが夜行の寝台車です。

10両以上を連結している列車の中で
ヴィクトリア・エクスプレスは
食堂車とプルマンカーの3両だけ。
その他は国鉄が運行する定期列車と
別会社が運営する車両が連結されております。
従って、正確には
ヴィクトリア・エクスプレスの名称で呼ばれるのは
この3両連結部分のみとなります。
当然、他社の車両にはドアに鍵がかかっているため
行き来はできません。

ヴィクトリア・エクスプレスはインドシナで土地に根ざした
ラグジュアリー・リゾートを展開する
ホテルグループが所有する列車だけあり
スタッフは笑顔と心配りはハイレベル。

4名1室のコンパートメントが主となり
プラベートを守りたい方は2部屋だけ個室があります。
チーク材を使った気品溢れる寝台車は
欧米人にとても人気があり、いつでもほぼ満室状態です。

枕元にはフェイスタオルなどが入った
民族風デザインの可愛い巾着袋がありました。

ヴィクトリア・エクスプレスのポスター。
どこかでみたことあるなと思ったら
オリエント・エクスプレスのパクリ笑
これもご愛嬌ということで。
ベトナムだと何故だか許せてしまう。

食堂車がオープンするのは、帰路サパからハノイへ戻るときのみ。
往路は時間が遅いので寝るだけです。

食事はサパで採れるキノコや
地のものを使ったこだわりの料理を提供しています。

朝6時。列車はサパの玄関口となるラオカイ駅に到着します。
ここから車で1時間30分ほど山間を走ります。
海抜1600mと標高が高い上に曲がりくねった道が続くので
車酔いに苦しむ人も少なくありません。
心配な人は日本から酔い止めを持参することをおススメします。

山に入るとベトナムとは思えないほどの冷涼な気候。
ここでは年間の7割は雨が降っているそうです。
朝霧に包まれた谷間に広がるみごとな棚田。
美しく幻想的な景色です。

つづく。

4 comments to “寝台列車に乗って少数民族に会いに行く”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    ハノイいいですね。そのハノイへはまだ行けていません。そして寝台列車の旅これまた日本と違いいいですね。実は寝台列車好きなのですょ 笑
    その寝台列車で訪れるベトナムの地方の景色とてもいいですね。
    行きたいです 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)