Road to Marfa〜 ロードムービーな旅

 

車の旅はフリーウェイでどこへでも行ける。
それもアメリカらしい体験。
車旅をするなら50あるアメリカの州で
2番目の広いテキサスがいい(一番はアラスカ)
なぜなら、広大な土地をひた走りモーテルに泊まりながら
ロードムービーのような旅ができるから。
そんな気持ちで目指した場所はちょっと不思議な町マーファ。
 
 
DFW空港から国内線で西へ乾いた大地の上を飛び
メキシコの国境に接するエルパソ空港に到着。
レンタカーの手続きは日本で事前に予約をしたので
スムーズに借りられました。その上、車は空港を出た
目の前にあるパーキングにすでに用意されている。
さすが車社会だけありストレスフリー。
 
 
空港からI—10でひたすら東へ向かいます。
メキシコ国境に近い幹線道路ということもあり
乗用車よりもトラックやトレーラーがほとんど。
途中で山岳時間と中部時間をまたぐと同時に
スマートフォンの時計が一時間進んだ瞬間を
目撃したのにはちょっと感激。続いて損した気分。
その先には国境が近いせいか検問があり
パスポートチェックをされたり
なかなか風変わりな体験もあります。
フリーウェイと並走する貨物列車とアムトラックが
時折追い抜いて行く。そんな光景がますます
ロードムービー気分を盛り上げてくれます。
 
 
90号線と交差するヴァンホーンで休憩。
グレイハウンドも休憩中。スナック菓子を仕入れて
車を南に走らせマーファを目指します。
 
 
90号線に入ると不安にくらい車が走ってない。
荒野にまっすぐ伸びる道をひたすら進んで行くと
ぽつんと立つ無人のプラダのブティック。
店内にはバッグや靴が並んでいるも
扉は開くことなく店員もいない。
これはマーファで活動するアート集団が管理する
作品でPRADAの直営店を砂漠に置き
朽ち果てるまでの時間を感じる作品
 
 
 
さらに進むとかなり怪しい物体が
荒野にに駐機しています。
広い空の下で太陽光を反射させている
真っ白な飛行船のようなもの。
実に怪しくてシュール。
映画は「オブリビオン」を思い出す光景。
マーファにはどうやら別次元の
エネルギーが流れているのかも。
 
エルパソから約3時間「ようこそマーファ」の
看板が見えてきました。カーナビで確認すると
町の中心まであと25キロ。テキサスは広いのだ
 
 
町の中心に到着すると人とすれ違うこともなく
列車は止まることなく勢いよく通過して行き
一見すると色あせた古めかしい建物が残る無人の町。
なんだか不安になってきます。
 
 
予約したモーテルに掲げてある妙な看板。
実はここマーファはUFOが頻繁に現れることでも
有名でUFO目当てに来られる人も少なくないとか。
寂れた雰囲気の町といい、ミステリーライトといい
この町は丸ごと映画のセットのようです。
 
 
古いモーテルを居抜きでブティックモーテルに変身させた
サンダーバードホテル」ホテル名はそのまま
引き継いでいるのですが、SF人形劇そのままの
ネーミングにもぐっと惹かれます。
 
 
白を基調にシンプルな客室。ローベッドに
インディアン風ファブリック。バタフライチェアで
ブティック度を上げているみたいな。
客室の奥には3畳ほどのスペースに
クローゼットとシャワールームとトイレ。
 
 
フォトジェニックな客室です
 
 

車を置いて徒歩で町を散策。ひとつひとつの建物を

よく見るとギャラリーだったりレストランだったり

ブティックだったり。ショップや施設が

古い町並みに溶け込んでいます。

 

 

ジェームスディーンの遺作「ジャイアンツ」の
舞台になった1929年創業の「ホテルパイザノ」。
国の歴史建築物に指定されているだけあり
ロビーに一歩入るとアメリカの古き良き時代に
タイムスリップした感覚。
ギフトショップではホテルオリジナルの
グッズも販売しています。
 
 
ハレイワあたりでみかけそうな古典的なスーパー。
店内は生鮮食料品からコスメまでこだわりの品揃え
小さなトレーダージョーズといった感じ。
商品を見ているだけで軽く1時間は過ごせます。
 
 

美術書とローカルアーティスト作品を中心とした

ブックカンパニー。ここも見ているだけで

軽く1時間は過ぎてしまいそう。

 

マーファを現代アートの聖地として再生させたのが

ミニマルアートを代表する芸術家のドナルドジャッド。

彼が制作する大きな作品を置ける広大な場所を求め

N.Y.を離れて1994年に亡くなるまで制作を続けた地が

ここマーファでした。彼の作品は彼が生前に創設した

チナティ財団によって運営・管理され

マーファ郊外にある広大な土地に彼が信頼を置く

アーティストの作品とともに展示されています。

 

一方、街中に残っているジャッドの家やアトリエなど

個人の不動産的なものは彼の遺族が運営する

ジャッド財団によって管理されています。

どちらも見学はオンラインでの予約制。

ジャッドのアートに触れるために

人口2千人の町に世界中から年間
数万人もの人がやってくるのだそう。
 
 
町を歩いていると遠くからパッカパッカと
いう音が聞こえてくる。ここでは移動
手段は車か馬。
それだけ自由だということですね。
 
 
どの店も食のレベルが高いのが
マーファのもうひとつの驚くべきところ。
都会の流行りのレストランよりも断然美味しい。
荒野の真ん中にお洒落で美味しいレストランがあるなんて
なかなか怪奇。著名人も頻繁に来るみたいで
何気にカウンターに腰かけた隣人が
スターだったりすることもありえるのだ。
 
暗闇にネオンが光る怪しげなサンダーバードホテル。
マーファの不思議な旅は続く。
   
 

2 comments to “Road to Marfa〜 ロードムービーな旅”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)