カンガルー島の中心

キングスコートを街歩き

カンガルー島の中心となるキングスコートは、島の北東に位置する

空港から車で20分ほどのところで、ハワイ島の田舎町といった感じののどかな雰囲気。

ホテルやレストラン、銀行、リカーショップ、スーパーマーケット、

ギャラリー、ギフトショップなどが軒を並べている。

せっかくなので時間が許す限り歩いてみた。

キングスコートの中心に立つ海を一望するオーロラ・オゾン・ホテル

海に面した部屋に泊まった。目覚めてバルコニーに出ると雲ひとつない快晴。

海を眺めていたら、水面に黒い物体が出たり入ったりしているので見に行った。

正体はアシカ。ちょうど朝食を終えて桟橋に上がってきたところだった。

ホテルの目の前、つまり街の中心でこんな光景に出会えるなんて

これが日常風景だなんてすごいよ。住民にしたらネコみたいなものなのかな。

街灯にはペリカンが羽を休めている。コシグロペリカンは体重が10キロにもなるのだそう。

街灯もたまったもんじゃない。住民にしてみればハトみたいなものなのか?

中心部は非常にコンパクトだけど、美味しいコーヒーショップがあったり

ローカルアーティストのギャラリーがあったり、ぶらぶらするにはちょうどいいサイズ。

RAOBHALLはイギリス統治時代の名残かな。昔の紳士クラブ的な存在と思われる。

今はライオンズクラブが引き継いでいるよう。佇まいがいい感じ。

草むらに突然、ブリキの怪獣が現れてひっくり返りそうになった。

30分ほど歩き続けると、海に向かって斜面に一面のぶどう畑が広がっていた。

緑のぶどう畑と真っ青な海のコントラストが実に爽やか。

ぶどう畑の木陰で2頭のカンガルーが体を休めていた。

ペンギンの模型が空を飛ぶベイショールズ・ワイナリーのブティック。

ワインのラベルもペンギンの可愛いイラスト。10種類以上のぶどうを栽培していて

テイスティングもできる。価格も手頃なのでお土産に買って帰るのもいいかも。

シュワっとしたのどごしと、さわやかな香りのスパークリングも美味しかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)