静かな世界遺産

Paoay Church
地球にペタ

ラワグ空港から前回紹介した愛で守られた町ビガンへ
行く途中に素敵な教会があります。
パオアイ教会は「フィリピンのバロック様式の聖堂群」の
4つの聖堂群のうちの1つとして世界遺産に登録されています。
世界遺産に登録された地域や建造物がある場所は
多くの観光客で賑わっているものですが
ここに集まっているのは、暑さが落ち着いた
夕暮れに遊ぶ子供たちと、夕涼みにきた大人たち。
観光客の姿はありません。
そして教会は地震や戦争に耐え、300年間この場所で
静かに佇み繰り返される毎日を見続けている姿が
私の目には「ご隠居さん」のように映りました。
きっと町の人々の心もご隠居教会に支えられているのでしょう。
この教会堂はサンゴ石やレンガ、モルタルを建設材料にして、
1699年に着工したフィリピン人がデザインした数少ない
教会のひとつ。厚さ2.5mの支柱14本が外壁を補強している
地震バロックの代表的な建物とされ、現在でも
カトリック教会として使用されています。


          フィリピンを旅するなら!バナナ

12 comments to “静かな世界遺産”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    ほんとステキ。
    あたし、多分これを目の前にしたら確実に泣ける自身あります。
    昔から大切に愛の町みたいに守られてきたんでしょうねo(^▽^)o

  2. SECRET: 0
    PASS:
    町の人にとって世界遺産とか
    関係なく信仰の場としてずっと
    愛されているんですよね。
    静けさに郷愁が漂ってるところが
    泣けますね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    たくさん美しいところがありますね。他のアジア諸国に比べて、ちょっと宣伝不足ではないのでしょうかね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    確かに。フィリピンには魅力ある素材がたくさんあるのですが有効利用されてないです。かつてのタイや韓国が汚れたイメージから脱出したようにフィリピンもそろそろ行動して欲しいです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    いいですねぇ~!
    こういうアピールしない美しさって。
    地元の人たちに愛され続けている様子が
    写真から伝わってくるようです。
    フィリピンも素敵な場所がたくさんありますね。
    セブ島以外でもキレイなところがあるってことを
    もっと主張してもいいのでは・・?
    はい、こういう点は「おおいに主張して」
    いいと思います!!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    自分たちの国が持つ
    当たり前の美しさに気がついてないのか。
    フィリピンの魅力を伝えきれてないのが
    もどかしいです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    この教会の前に小さなカフェがあって
    コーヒーを飲みながらゆっくり
    眺めていられるんです。
    つまらない悩みを忘れられる
    いい時間ですよ♪

  8. SECRET: 0
    PASS:
    そうなんです。
    建築物としてもとっても存在感があります。
    お土産屋すらない素朴な町に
    どっしりと構えてます。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    夕暮れの薄紫と教会が何ともいえませんね。
    わたしはフィリピンのカオハガン島に一度行ったことがあります。贅沢なものは何も無いけど豊かな自然はたくさんありました。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    小さな町の広場に
    どっしりと座る古い教会の姿が
    仏像のようにも見えました。
    それだけ存在感があるってこと
    なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です