サンディエゴ 南カリフォルニアのクールなスポット

サンディエゴは同じカリフォルニア州の
ロサンゼルスやサンフランシスコと比べると
あまり馴染みがない都市かもしれません。

世界有数の動物園とシーワールドがあって
メキシコに日帰りで遊びに行ける他に
ここにどんな楽しみがあるのか
知っている人はそれほど多くないのでは・・

昨年の12月より成田とサンディエゴを結ぶ
JALの直行便が就航したことにより
一気に近くなったサンディエゴを
徹底的に歩いて廻って解剖してきました。

そこには、まだ明かされてなかった街の魅力を
いたるところで拾ってきました。

サンディエゴに到着してまず驚くのが
空港が街中にあると言っていいほど、
空港と街が隣合わせに存在すること。
その距離わずか5km。
大きな荷物さえなければ街まで徒歩も許容範囲。
騒音問題など市民とのトラブルは無用。
サンディエゴは名画「トップガン」でも知られるように
全米屈指の海軍基地があり、周囲にも50以上の基地が存在します。
ハーバーには役目を果たした空母ミッドウェイが
係留され博物館となっています。

また一年を通して温暖で湿度の低いその気候から
“アメリカズ・ファイネスト・シティ”と呼ばれ
アメリカ人がもっとも暮らしてみたい
憧れの街でもあります。

街の全体図を見てもわかるように
サンディエゴの街はとてもコンパクト。
といっても一通り巡るには歩きでは難しい。
まずはオールドタウントロリーツアーに乗って
街を一周してみることに。

ドライバーがガイド役を勤め
面白おかしくサンディエゴの歴史や
トピックを話してくれるのでこれはとてもおすすめ。
英語ではありますが十分に楽しめます。
主な観光スポットに停車して一日自由に乗り降りできるのも

大変便利だし効率よく巡れます。

ダウンタウンは端から端まで1.5キロ程度
徒歩で街歩きを楽しめます。

ダウンタウンでもエリアごとに表情が異なり
それぞれのコミュニティで雰囲気が違うところも魅力。

街の中心に位置するガスランプ クオーターは
バーやレストランを中心に飲食店がずらりと並んでいます。
19世紀の終わりまでは船員達の赤線として名を馳せたエリア。
今ではそんな怪しげな面影はありませんが
当時建てられたヴィクトリアンスタイルの建築物が
残されている歴史保存地区に指定されています。
また、ここはサンディエゴで一番の
ファッショナブルなエリアでもあります。
ヴィンテージショップやお洒落な帽子屋さんなど
個性豊かなショップは見ているだけで
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

当時のガスランプクオーターの雰囲気を
男子はもちろん女子でも楽しめる
エンターテイメント・レストランもあります。
おすすめは可愛いアメリカンギャルたちが店員の
「ガスランプ・ストリップ・クラブ」

思い出の一コマにノリの良いギャルたちと
一緒に写真を撮ってみるのもヨシ。

ガスランプクオーターに隣接するロコが集まる
ショッピングモール「ホートンプラザ」
気候を生かしたオープンでカラフルな建物には
アメリカの有名デパートである
メーシーズやノードストローム
GAP、バナナリパブリック、アバクロなど
100店舗以上が入っている便利なモールです。

ガスランプクウォーターの東側に隣接する
イーストヴィレッジは最近特に目が離せない注目エリア

MLBサンディエゴパドレスの本拠地である
ペトコパークもここにあります。

スタジアムの下にはオフィシャルショップも
メジャーグッズが豊富です

最近はセレブコンドミニアムがこの辺りに建ち始め
スタイリッシュ&クールな
レストランやバーも見かけます。
イーストヴィレッジでのおすすめはガストロパブ風の「Neighborhood」。
ローカルビールとバーガーの組み合わせは絶品!

店内にはキリストやフロイトがバーガーを食べている
絵を飾っているのもユニーク。

ちなみにサンディエゴの地ビール数は全米トップの数を誇ります。
ぜひ飲み比べてみて! 

    

ダウンタウンの北に位置するリトルイタリー
街を走るトロリーでも行けますが
元気ならガスランプクオーターから
徒歩で20分ほど。街の景色を楽しみながら
歩くのもおススメです。
歩くと街全体の構成も把握できます。

サンディエゴは1930年代から1970年代の終わりまで
世界第一のマグロの水揚げ高を誇っていました。
ポルトガルやイタリア移民がその中心となり
当時マグロ漁を糧にしていたイタリア系移民の家族たちが
このあたりに住んでいました。
今では本格イタリアンやイタリア食材店が
軒を連ね賑わっています。

ヴィンテージやアンティークなどの小さなショップも。
ダウンタウンの中でものどかで平和的な雰囲気
ランチがてらの散策にぴったりです。

毎週土曜日はファーマーズマーケットが開催されています
近隣の農家直送の採れたて野菜やオーガニック化粧品
ハチミツ、手作りジャムやソースなど
見ているだけでも楽しくなります。

屋台も出ているのでお腹をすかせて出かけてみてもgood。
万が一お気に入りの屋台がなくても大丈夫。
周囲は美味しいイタリアンばかりですから。

6 comments to “サンディエゴ 南カリフォルニアのクールなスポット”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    どこもかしこも
    映画に出てきそうな街ですね~ヾ(@^▽^@)ノ
    ギャルも女優さんみたいですね!
    ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚おーーーー
    食べ物もおいしそうだしw(≧▽≦)♪
    宝くじがあたったら行こうーW((笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    1.5kmといってもぶらぶら歩きながら
    寄り道しながらだと結構な時間が
    かかるでしょうね(笑)
    でもこういった「いかにも」アメリカを
    感じさせてくれる街並みは
    是非、自分の足で感じたいと思います!
    サンディエゴは行ったことないですが
    ひろみさんの記事を読ませていただくと
    すごく参考になりますo(〃^▽^〃)o
    ありがとうございます!
    まも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)