いつか泊まりたい世界のホテル〜ビクトリア ユングフラウ グランド ホテル&スパ

 

 

24時間のうちでホテルで過ごす時間は
平均10時間といわれています。
旅の大きな部分を占めるホテルだからこそ
選択次第で訪れた街の印象も変わってしまうもの。
「ビクトリア ユングフラウ グランド ホテル&スパ」は
その長い歴史の間で世界の旅行客を魅了し続けてきた
ホスピタリティ先進国スイスを代表するホテルです。
 
 

 

スイスの玄関口チューリッヒ空港からICで約2時間
スイスアルプスの麓に佇むインターラーケンは
ユングフラウ地方へのハイキングなどの拠点となる街。
歩いで廻れるほどの小さな街ながらも
カジノやブティック、ダイニングが軒を並べる瀟洒な雰囲気。
インターラーケンとはラテン語で「湖の間」。
その名の通りトゥーン湖とブリエンツ湖に挟まる場所で
200年に渡って旅行客を迎えてきました。
 
 
メインストリートの中心に立つ重厚な外観が目を惹く
「ヴィクトリア・ユングフラウ・グランドホテル&スパ」
1865年の創業以来、スイスを代表するホテルとして
時代に合った気品と格式を常に追求することがモットー。
第二次世界大戦中は、スイス軍司参謀本部としての
役割も果たし将校たちの居処となったことからも
今でも政府要人達に愛されています。
 
2棟をつなぐ開放感のあるロビーは
両サイドに立つ太い柱が特徴的でモダンな内装が印象的。
ベルエポックの優雅な気品が漂うビクトリア棟と
現代の洗練された装いのユングフラウ棟を
絶妙に調和される空間です。
エントランスの方を見る正面には
ユングフラウが優美な姿を見せています。
 
 
客室はカテゴリーによってデザインが異なりますが
どれも明るめでモダンな印象。
大きな窓から見えるスイスアルプスの絶景も大きな魅力
 
 
広さ5,500㎡のスパにエリアは優しい自然光が心地よい
アトリウムプール、サウナ、ウェルビーイング・バー
フィットネスと2つのスパが入っています。
ひとつは英国のスパブランド「ESPA(エスパ)」
もうひとつは日本発のスパブランド「SENSAI」
居心地の良いスパエリアで
ウェルビーイングな1日を過ごすのもおすすめ。
 
イタリアンレストラン「Quaranta Uno」は
フランスで最も影響力を持つレストランガイド
「ゴー・ミヨ」で高得点を獲得しています。
肩肘張らない空間でソムリエがおすすめする
ワインと本格的な料理は素敵な思い出になるでしょう。
 
ホスピタリティ産業発祥の地スイスを代表する
ビクトリア ユングフラウ グランド ホテル&スパは
本格的な登山者から優雅に過ごしたいリゾート派にまで
すべての旅人を癒してくれる場所です。
 
Victoria-Jungfrau Grand Hotel & Spa
 
Hoheweg 41, 3800 Interlaken, Switzerland
チューリッヒ空港およびジュネーブ空港から2時間
 
 
 

2 comments to “いつか泊まりたい世界のホテル〜ビクトリア ユングフラウ グランド ホテル&スパ”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんな場所に、
    一ヶ月ほど滞在してみたい。
    自然を、
    タップリ堪能したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)