チョコレートの都トリノ

地球にペタ

チョコレートといえばベルギーやフランス
スイスなどを想う人は多いはず。
「チョコレートの都」が北イタリア
ピエモンテ州の街トリノだと知っている人は
きっとトリノを訪れたことがある人でしょう。
トリノの街には歴史的な老舗から
最新の店までチョコラティエーレが溢れてます。
特に復活祭があるこの時期は
ショーウィンドーが華やかに飾られ
大人たちが楽しそうに
チョコレートを選んでいる姿を多く見かけます。

地球にペタ



もともとは飲み物として広まっていたチョコレート
19世紀に入ると次第に食べるものへと変化していきました
その先駆けとなったのがトリノ
18世紀の後半のトリノにおける産業革命の影響を受けて
チョコレート製造の技術が改良されるようになると
ピエモンテ州に多くのチョコレート会社が誕生し
世果中のチョコレート業者や職人が集まる地となりました。
スイスにチョコレート技術を伝えたのはトリノなのです。
今では、毎年3月にチョコレートの見本市が開催され
世界中の業者やチョコレートファンがトリノに集まってきます。

地球にペタ



トリノのチョコラティエーレを覗くと
どの店にも必ずあるのが
きらびやかな包装紙に包まれた
丸みをおびた三角形のチョコレート
「ジャンドゥイオット」
イタリアが独立国家となる前の戦時中
カカオパウダーが不足したときに
ピエモンテで収穫される上質なヘーゼルナッツを
ペーストにして混ぜたことが始まり。
ジャンドゥイオットという名前の由来は
カーニバルの仮面や人形劇に登場する
トリノとピエモンテ州を象徴すキャラクター
「ジャンドゥイヤ(Gianduja)」から
名前を取ったとされています。

地球にペタ



イタリア初代首相カヴール氏が
毎日通っていたというストーリーカフェ
アル・ビチェリン
ホットチョコレートにコーヒーとミルクを泡立てた
3層の飲み物「ビチェリン(Bicerin)」を発明しました
今ではトリノのどのカフェでもビチェリンが飲めますが
1763年創業当時のまま
トリネーゼに愛され続けるこの店のビチェリンは本家の味
上質のチョコレートだけを溶かした
チョコラータ・カルダ(ホットチョコレート)は
寒い冬はもちろん、季節問わず飲まれる
トリノには欠かせない甘くほろ苦い飲み物です。
地球にペタ

地球にペタ



チョコレート・ブティックグイド・ゴビーノ
伝統的な建物にグイド・ゴビーノの斬新なテイストが
十分に満喫できるブティックとしてトリノっ子はもちろん
世界各国から訪れる旅行者で賑わっています。
店内の奥にはテイスティングルームがあり
購入の前にグイド・ゴビーノの魅力を味わうことができます。

地球にペタ



チョコレート好きな方にオススメしたいのが
トリノ市内の観光案内所で扱っているChocopassチョコパス
このカードを協賛している
パスティチェリアやストーリーカフェに提出すると
チョコレートやジャンドゥィオッティの試食ができます。
さらに各店が指定する以上の買物をすると
5%~10%の割引サービスが受けられる特典付。
トリノの名店を訪ねて
贅沢なチョコレート文化に触れることができますよ。
2日間有効10回券/12ユーロ


          チョコレートの聖地へ!ラブラブ

16 comments to “チョコレートの都トリノ”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    トリノがチョコで有名とは知りませんでした(^_^;)
    まっ、オリンピックで知った位の地名です、恥ずかしながら…。
    ビチェリン、とっても興味あるな~♪
    ツアーではなかなか立ち寄らない地区かと思いますが
    いいところですね!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    最近はミラノ、ローマ、フィレンツェ
    以外の都市も訪れるツアーが
    増えてきましたが
    トリノはまだまだといった感じですね。
    でも一日では見きれないほど
    見どころ満載の街でした☆
    機会があれば今度は収穫の秋
    の時期に訪れたいですヾ(@°▽°@)ノ

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    トリノチョコに深い歴史があったのですね。
    チョコレート大好きなので、ますますイタリア北部トリノへ
    行ってみたくなります。
    アル・ビチェリンとてもお洒落ですね!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    今晩は、トリノがチョコレートで有名とは知りませんでした。
    ビチェリン、どんな味なんでしょうね、飲んでみたいです、美味しいかったですか?
    大人の人が好んで飲んでいるのですね、飲んでみたいです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    読者登録ありがとうございます!
    歴史的カフェやチョコレート屋さん
    がたくさん点在するトリノは
    チョコレート好きの聖地でした。
    チョコ巡りの旅きっと楽しいですよ。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ビチェリンは微糖のフレッシュクリーム
    エスプレッソとダークチョコレート
    カフェインとポリフェノールを
    たっぷり含んでいる大人の飲み物
    ほろ苦い味でした。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    トリノのチョコレートは
    ジャンドゥイオットといって
    ヘーゼルナッツクリームが入った
    トリュフのようにめらかな
    チョコレートです。きっと食べたら
    これかーって思いますよ('-^*)/

  8. SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。
    トリノはフランスの文化を受け継いでいいる
    せいもあり、他の都市とは違った食文化でした。後ほど食べ物をupしますね☆

  9. SECRET: 0
    PASS:
    トリノのチョコレートも有名なんですね
    先日、友達がベルギー旅行のお土産
    にチョコレートをくださり、美味しいと、
    感動していたら、ゴディバもベルギー
    が発祥地よと教えて頂いて、そうなんだ
    と感動してましたが、トリノも凄いのね。
    今度、探して食べてみたいです。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    ヘーゼルナッツクリームが入った三角型の
    トリュフチョコレートです♪
    ぜひお試し下さい☆

  11. SECRET: 0
    PASS:
    スタバのインスタントコーヒー
    日本でもでましたね!!
    まだ試してないのですが、今度旅行にでも持っていこうかな!!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    でましたね!
    スタバを通りかかった時に見かけました。
    スタバ愛好家には
    おうちでもへんぴな旅先でも
    気軽にスタバのコーヒーが飲めるのは
    ありがたいですね☆

  13. SECRET: 0
    PASS:
    イタリアの記事が読めてうれしいです!
    イタリア語を習ってるけど、イタリアにはまだ行ったことがないんです。
    チョコレート、おいしそー。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    ボナセーラ!
    いろいろ紹介したいのですが
    upが遅れてましてすみません(;´▽`A“
    この後もイタリアたくさんupしますので
    よろしくお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です