サファリ気分を満喫 野趣溢れるテントコテージ

 

マサイマラ国立保護区の東ゲート近くに建つ
大きな木々に囲まれた森の中に佇む
「シアナ・スプリングス・テント・キャンプ」
マサイマラ公園の中でも歴史のある宿泊施設で
自然を満喫できるスタイルが人気のテントコテージ
広い敷地に点在するテント型コテージは
ホテル並みの設備があり
敷地内にはさまざまな動物がやってきます。

 

テントやキャンプと聞くと
水回りや衛生面に不安を覚えますが
客室にはベッド、ホットシャワー、水洗トイレ
クローゼットが揃っていて想像以上に快適。
野鳥の鳴き声をBGMに
テラスの椅子に座ってくつろぐティータイムは
サファリ気分をますます盛り上げてくれます。

 

庭の草を食むブッシュバック。
ところどころに白い斑点があるのが特徴。
見た目は鹿にそっくりですが
こちらはウシ科だそうです。

日本で岩ダヌキと呼ばれる
ウサギほどの大きさのキノボリハイラックス。
親子で餌を探しにきていました。
キノボリハイラックスは
樹上生活をするそうですが
ちょうど地面の餌を食べているときに遭遇しました。
また、図鑑等には夜行性なので見るのが難しい
と記されていますが
ここでなら毎夕顔を出すので
かなりの確率で出会えます。
とっても愛らしい動物です。

マングースがぞろぞろとやってきました。
集団で行動し、常に見張り役がいます。
警戒心が強く、足音を聞いたとたん
一目散に去って行くのでどうしても近づけません。

 

部屋の前の木に止まっていた
アフリカン・パラダイス・フライ・キャッチャー。
日本のサンコウチョウの仲間。
漢字で三光鳥(月日星の三つの光)と書き
鳴き声がツキヒホシホイホイホイと聞こえる
ところから名付けられています。
こちらのはオレンジ色の長い尾がとても美しい。
静かに眺めているとテラスのテーブルまで降りてきました。

 

体長15cmほどのレインボーアガマ。
色使いがまるでスパイダーマン。

近くに住むマサイ族が遊びにきます。

 

 

夕方、一日の終わりを告げるように
周囲の森から鳥や猿の激しい鳴き声が聞こえてきます。
電気が使えるのは、朝の数時間と夕方から夜11まで。
レストランに明かりが灯ったらそろそろ夕食の時間です。



食事は日によってビュッフェスタイルかアラカルト。
お肉は柔らかくてソースも凝っています。美味。
サバンナのコテージとは思えないクオリティの高さ

夕食の後は、南十字星が輝く満天の星空の下で
焚き火を囲んでギターの演奏でみんなで歌ったり
お酒を飲みながらサファリドライブで出会った
動物たちの話で盛り上がったり楽しいひとときです。

毎日ではありませんが、近所のマサイ族たちが来て
儀式のダンスや驚異のジャンプを披露してくれます。


踊りの後は持参してきたお土産を広げて即売会。
ひとつひとつをよく見ると、手作り感のある可愛い
木彫りの動物を模したおもちゃや素敵なアクセなども。
それにしても素の状態でいる時の
マサイの男たちに何やら色っぽさを感じます。

 

 

 

6 comments to “サファリ気分を満喫 野趣溢れるテントコテージ”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログ拝見しています♪
    キノボリハイラックスって初めて知りました!
    かわいいですね☆
    行ったことのない国を
    旅行している気分にさせてくれるので、
    毎回楽しみにしています^^

  2. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして♪
    旅行に行った気分になっていただけたら
    本望です^^
    Tiltyさんの世界を旅するリスも
    拝見させていただきました。
    シアトルはアメリカの中でも
    わたしのBest5です。
    これからもよろしくお願いしますヾ(@°▽°@)ノ

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ひろみさんのブログを読ませていただいてると
    ホントたくさんの人々がいろんな生き方を
    されていて、この日本で何不自由なく
    のほほんと生きていていいのかな?と
    考えさせられます。。。
    そ~し~て~
    私が想像していたのはこのテントです!
    でもホント想像していたより
    画期的ですねo(^▽^)o
    それに~食事も超~美味しそうです(ノ゚ο゚)ノ
    こんな自然に囲まれた生活をしていると
    人も純粋で変な感情もわかないんだろうなと
    思います。
    楽しみながらも考えさせて下さる
    ひろみさん♪
    これからも楽しみにしています!(^^)!
    ありがとうございます!
    まも

  4. SECRET: 0
    PASS:
    いつもありがたいコメントに
    涙をうかべていますw
    ケニアではナイロビ市内でさえも通勤は徒歩の人が多かったです。聞くところに寄ると
    20キロくらいは平気で歩くみたいです。
    マラソンが強いのにも関係ありそうですね

  5. SECRET: 0
    PASS:
    いつも未だ見ぬ土地からのお便り、楽しく拝見しています!
    テントコテージって、本当にテントなんですね!
    野生生物に囲まれても、隔てるのは布だけでちょっとドキドキですが、面白い趣向ですね!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ほんと自然が近いです。
    朝は鳥のおたけびで
    目覚めますw
    サルがテントを開けてしまうので
    外出と就寝時はしっかりチャック閉めて
    ひもをかた結びします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)