ベトナム古都ニンビンVol.1 水の旅

首都ハノイから南へ100キロ。ニンビン省は
世界遺産に登録された
チャンアン景観地帯と胡朝の城塞
クックフォン国立公園など
観光スポットが点在し
自然と歴史が織りなす悠久の地。

また、ここは1000年前のベトナム最初の都がおかれた地。

世界遺産「チャンアンの景観複合体」

日曜日の朝7時。ハノイを出発して車で約2時間。
チャンアンに到着しました。
ここは、大地に林立する
奇岩の隙間を張り巡らす水路を手漕ぎボートで巡ります。

赤地に黄色のワンスターのベトナムフラッグTシャツを着た
学生軍団が
自撮り棒で記念撮影。やけにテンションが高いです。

さっきの学生たちを乗せたボートを発見。
大声で合唱したり
ボートで競争したりノリノリで大騒ぎ。
静けさを楽しみたいなら平日をおすすめします笑。

ウェディング撮影がこんなところにまで来ていました。
落ちたら大変!

この辺りは広大なカルスト地形。水に溶けやすい石灰岩は
雨風の浸食を受け
長い年月をかけて渓谷や奇岩が形成され、
地下水が無数の洞窟を創りました。

そんな特異な景色の中を探検隊のように進みます。

洞窟に侵入すると、天井からは鐘乳石がニョキニョキ
ぶら下がっていて
気をつけないと頭をぶつけて
怪我をします。船の漕ぐのは女性の仕事。

狭い洞窟内を器用に船を操って奥へと進みます。

洞窟内の岸には古い甕がずらりと並んでいました。
ここでこっそり?古酒を保存しているそうです。

水辺の寺。佇まいが厳かで美しいです。
ここはやっぱり静寂が似合います。

いくつかある中の一番大きなお寺に立ち寄って
乗船地に戻ります。


所要時間およそ3時間。料金15万ドン(約750円)
+船頭さんへチップ5万ドン程度


ベトナム始まりの地ホアルー

チャンアンから3キロほどのところにあるホアルーは
ベトナムでもっとも重要な場所。
2014年に登録された
世界遺産「チャンアンの景観複合体」に「古都ホアルー」が

含まれます。968年に千年に及ぶ中国の支配から脱し
独立を勝ち取り、
王となったディン・ボ・リンは
自身の出身地であったここホアルーに

ディン朝を築きました。当時は海が近く低湿地で
環境が良い場所とは言えなかったため、
40年後にタンロン(ハノイ)に
遷都されたと言われています。

美しい石壁の向こうに初代皇帝及び2代皇帝の廟があります。

回廊に並ぶ500体もの巨大羅漢像

チャンアンから車で15分ほどのところにある
バイディン寺は
世界遺産ではありませんが
東南アジア最大の規模を誇る寺だといわれています。

その面積80ヘクタール。東京ドーム約17個分に値します。
寺の創建は11世紀に遡りますが、当時の寺は
現在の場所から1kmほど離れた
山の中腹にあります。
2010年以降に釈迦仏殿、観世音殿、

三世仏殿、鐘楼などが次々と建造されました。

延々と続く回廊に並ぶ500体もの像は圧巻!
思わず笑ってしまうポーズや顔を見ていると楽しくなってきます。

三世仏殿には高さ7メートルの過去・現在・未来に
対応させる
3体の仏様が安置されています。
過去は阿弥陀仏、現在は釈迦仏、未来は弥勒仏。

仏様の光背には、無数の小さい仏像が配されていて、
なおかつ後光がピンクや
赤色、青色に光を放ちます。
ピンク色はなんだか幸せになれそうな色です。


バイディン寺 (Chua Bai Dinh)
住所: Gia Binh Commune, Gia Vien Dist., Ninh Binh
拝観時間: 07:00~18:00

ニンビンの見所はまだまだあります!続く。

協力/ ベトナム航空

2 comments to “ベトナム古都ニンビンVol.1 水の旅”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    ベトナムには何度か行きましたが(仕事)
    チャンアンへは行ってません。
    写真見てたら行きたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)