24時間滞在でバンクーバーを満喫する!

 

大自然に接しながらも洗練された
都会の雰囲気が人気のバンクーバー。
余すことなく隅々まで楽しむには
もちろん1日じゃ足りませんが
しかしそこを何とか効率良くポイントを押さえて
24h滞在でバンクーバーを満喫する
とっておきのルートを紹介します!
 
 
 
まずは「街一番美味しコーヒー」いという看板に誘われ
ハウSt.にある「Mario’s coffee Express」で朝ごはんを。
出勤前のビジネスマンが引っ切りなしに出入りしているので
当たりの予感がします。
 
 
店内はカウンター席と3席ほどのテーブル席
テラスにも3つのテーブル席
小さい店ですがこだわりの店といった雰囲気。
銅板の壁に店名を入れたプレート
さらに店内の絵画は良く見るとお店が描かれていました。
マリオさんおすすめブレンドコーヒーとホットサンドを注文。
一杯ずつ淹れるコーヒーは香りが良く
ちょっぴり深煎りが朝にぴったり。
ホットサンドもボリューミーで大満足。
コーヒーは2.5カナダドル、ホットサンドは5ドルほど。
お値段も良心的。
 
 
ローカルに愛されるコーヒーショップといった感じです。
シャレのきいた営業時間からもオーナーの人柄が伺えます。
Mario’s Coffee Express
住所:595 Howe St, Vancouver
 
 
ハウSt.を5分ほど北上するとカナダプレイスに到着。
ここは1986年に開催されたバンクーバー万博の
カナダ館をそのまま利用したコンベンションセンター。
館内はホテルやレストランなどが併設されています。
5つの帆を持つデザインが特徴。
バンクーバーのシンボルとして親しまれています。
夏にはアラスカに向かう大型クルーズ船が寄港します。
 
 

カナダプレイスからウエスト・コルドヴァSt.を

東に10分ほど歩くと石畳の道路やアンティークな

雰囲気の街灯が開拓当時の様子を偲ばせる

バンクーバー発祥の地「ガスタウン」。

 

 

 

ガスタウンのシンボル、蒸気パイプのホイッスルで
時を知らせる蒸気時計は早朝にもかかわらず
(といってもすでに9時過ぎ)観光客に囲まれていました。
ガスタウンにはギフトショップがたくさんあるのですが
この時間はまだオープンしていなかったので次へ。
 
 

古い建物の壁を塗り直しています。

こういう地道な仕事が街を輝かせているのですね。

 

 

ガストロノミーの発信地グランビル・アイランド

 

 

 

来た道を戻りグランビル・アイランドにある
パブリックマーケットへ向かいます。
50番のバスでも20分あれば行けるのですが
ここは少し急ぎタクシーで。
 
 

フォールス・クリークという入り江に突き出した

小さな出島「グランビル・アイランド」には

100軒以上のショップやお洒落なレストラン

カフェの他に、パブリックマーケット、ホテル、

ビール工場などが集まっている

観光客はもちろんローカルにも人気のエリアです。

お土産もここで買うのがベストでしょう。

マーケットの中には八百屋、果物屋、

シーフードにお肉屋チーズ専門店など

見ているだけでもワクワク。

お惣菜やパンやの他にもホットドックや

カレー屋もなどありイートインコーナーや

外のテラスで気軽に食べられるのも人気の理由です。

 

 

そんなバンクーバーの食の中心となるパブリックマーケットでは

プロのシェフがマーケット内を案内してくれる

フードツアーを開催しています。

ビストロでのシェフによる、その日仕入れた野菜と

お肉お魚の前菜、生ハムやチーズ旬の果物やコーヒー

ドーナツなどを試食しながら巡る食体験は楽しいに決まってます!
10:30から2時間のツアーで約50カナダドル。

ちょっと早めのランチを兼ねての

カナダの食を存分に楽しむツアーもオススメです!
http://foodietours.ca/tour/granville-island-market-tour/

 

 

フードツアーを満喫して可愛い雑貨屋さんを覗いた後は
小さなボートに乗ってハイエンドな街イエールタウンへ。
 
 
コンビナートのタンクがアートに。入江の海岸には
水上住宅も建っていて水辺の暮らしを楽しむ人々など
ボートに乗らないとわからない景色も見逃せません。

 

スノッブな香り漂うイエールタウン

 

 

 

 

ちょっとしたクルーズを楽しんでいるうちに

イエールタウンに到着。

桟橋の正面にある「Bella Gelateria」は

マーケットを案内してくれた

ガイドのナディア一押しのジェラート屋さん。

食べないわけにはいきません。

店内にはベスト・アイスクリーム・オブ・バンクーバーに

選ばれた記念のプレートが飾ってあります。

20種類ほどあるジェラートはどれも試食可能。

和テイストなフレーバーもいくつかあり

今流行りのお店といった感じ。

食事もできてテラス席はヤッピーな家族で賑わってます。

Bella Gelateria

住所:1089 Marinaside Crescent

 

 

ジェラート屋で一息ついてイエールタウンを散策。
ここはかつて倉庫街だったところでバンクーバー万博を機に
再開発されスタイリッシュでな街に生まれ変わりました。
トレンド発信地として人気のスポットでダイニングレベルも高く
クラフトビールが楽しめるパブなどもあるので
夕食を兼ねての散策にぴったり。
おすすめはちょっとお高めですがブルーウォーターカフェ。
オーシャンワイズ」にも加盟している
エコフレンドリーなレストラン。
ギンダラの西京みそをベースにした
創作料理のレベルの高さには脱帽です。
Blue Water Café
住所:1095 hamilton street
 
 

イエールタウンから30分ほど歩いて

ダウンタウンに戻ってきました。

これから夏の間は日が長く午後9時過ぎても明るいので

1日たっぷり遊べます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)