ホノルル・フィッシュ・オークションと      ニコスピア38

地球にペタ



ダウンタウン近くのホノルル港ピア38では
毎朝 魚の競り市が行われています。
一般の人も見学できるので、観光客に人気です。
オークションは朝5時半からスタート。
6時にニコスピア38のニコさんと待ち合わせをして競りを見学。
築地の競りすら行ったことがなかった私はとっても興味津々。

地球にペタ



魚を見る目はみな真剣です。
半袖姿がちらほらいますが
室内はそうとう寒いです。
メインはマグロ。端から端までマグロが何列も並んでいます。
主にキハダでしたが、クロマグロもありました。
ホノルルのこの日だけでもこれだけのマグロが
水揚げされているのにびっくりです。
日本ではどんなことになっているのでしょうか。
持続的な漁業の推進が世界的な問題になっていますが
確かに、これを見たら考えさせられました。
それでも、ハワイは世界でも厳しい基準の下で
漁業が運営されています。
乱獲を防ぐため、各漁船に一人監視官が乗るそうです。
しかし、漁業団体によって基準がさまざまなため
同じ領域で他国籍が乱獲をしていても
何も言えないそうです。
世界基準を作ればいいじゃん
なんてそんな簡単な話ではないのでしょうか・・
ハワイはメインランドの3倍の魚を食べるそうです。
ちなみに日本はメインランドの10倍魚を食べるそうです。

地球にペタ



マヒマヒだ!(シイラ)
他にもアカマンボウが多く競りにでてました
]

地球にペタ



仲買人さんが携帯電話を片手にクライアントと買い付けの相談
でも、ここはハワイ♪
ピリピリしたムードは全くありません。
みなさん「何?取材?俺撮る?」
みたいな感じです。
ここは、1952年に築地をもモデルにして作られた
日本人が始めた競り市場です。
お魚好きなかたは見学する価値ありですよ!

地球にペタ



競り市場のすぐ隣りに店を構えるニコスピア38
できるだけ近海物の魚と地元の野菜を添えた
フランス出身のニコさんならではの
フレンチテイストのソースで食べる
ボリュームたっぷりの
魚のプレートランチがたったの9ドル。
レストランで食べたら20ドルはくだらないでしょう。
写真はマグロのあぶりステーキ
本日のお魚プレートやロコモコなどもあります。
ランチ時は行列必死
本当に美味しかったです
朝6時からオープンしてます。
おいしくてヘルシーなお魚プレートは
オアフに行ったら食べるべきものはこれ!

6 comments to “ホノルル・フィッシュ・オークションと      ニコスピア38”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    ハワイで出てくるお魚はいつも新鮮で、安心して食べられますね~。^^ハワイの人が魚を大切に思ってる証拠という気がします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    シーフード美味しいですね!
    このニコスは安くて新鮮で美味しい☆
    絶対おすすめですよ~(^O^)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    魚の競りが見学できるんですね。
    日本で一時問題になった観光客のマナーの悪さ、
    ハワイではあんなことないのでしょうね?
    メインランドはやはり肉が主役なんでしょうかね?
    海の資源を守ることと食文化は
    うまく両立していかなければなりませんね。
    考えさせられました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ホノルルの競り市場は
    とっても和やかなムードでした。
    見学前に簡単なレクチャーを受けますので
    魚に触たり競りの邪魔をする
    見学者はいません。
    多分日本は、受け入れる側の体勢が
    いい加減だったのではないでしょうか。
    そんな風に思えてきます。
    外国人に遊びにきて故意に
    いたずらするような人って
    滅多にいないですよね。
    メインランドは魚より肉が安いので
    肉食になりがちですよね。
    食べてもタラみたいな白身とか。
    最近はヘルシーブームで
    魚を食べる人も増えているって言いますが
    家でも魚を食べるアメリカ人は
    アラスカくらいじゃないでしょうか 笑
    長くなってすみませんでした。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    北海道もなんですね。
    日本の他の地域も監視義務があるのでしょうか。北海道だけだとしたらアンフェアですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)