絶景に抱かれたリゾート

アメリカの大自然はヨーロッパにはない雄大さがあります。
特にロッキー山脈周辺はアメリカ人にとってのリゾート地で
滞在することに愉悦を覚えます。
ワイオミングのジャクソンホール周辺には
そんなリゾーターを満足させる高級ホテルやヴィラ
ラグジュアリーなロッジが点在します。

ジャクソンホールの町から8kmほど離れた
小高い丘の上に立つラグジュアリーなロッジ
スプリング・クリーク・ランチ」。
雄大なグランドティトン連山を背に
木造の建物が優しく存在しています。

客室は1ルーム、コンドミニアム
1~3ベッドルームヴィラ、アパートメントタイプと
旅行形態に合わせて選べますし
3世代家族旅行にも十分対応可能。
1ルーム以外は キッチンは付き。
冷蔵庫にオーブン、トースター
食器類と一通り用意されています。
洗濯機も備え付けされているのも嬉しいです。
リビングにはふかふかのラグと暖炉。
窓の外は雪景色。
それだけでも贅沢な気分です。

雪を眺めながらバーで語らうのもいいです。
暖炉の火が揺れるロマンティックな
ダイニングでのディナーもおすすめ。

朝食に選んだのはパンケーキ。
自家製ジャムとはちみつもホテルのオリジナルと
かなりこだわっています。部屋のコーヒーも
オリジナルのパッケージ・デザインでした。
 
施設は屋内外のプール、ホットタブとフィットネスジム、
特にスパにはかなり力を注いでいます。
アクティビティはワイルドライフサファリの他にも
季節ごとのさまざまなプログラムを提供しています。
イエローストーン国立公園宿泊パッケージプランなどもあり。

スプリング・クリーク・ランチの隣に立つホテルが
世界屈指のリゾートホテルを手がける
アマン・リゾーツの「アマンガニ」。
スプリング・クリーク・ランチと
同じ立地にありながら
雰囲気も景色も異なります。
レッドウッドと石積みで組み合わせた
外観が周囲の環境に溶け込んでいます。
オールドウエスタン風のインテリアも
アマンの手にかかるとエレガントな雰囲気。

吹き抜けのラウンジからは大きな窓越しに
ティトン連山のダイナミックな景色を
一日中眺めていられます。
ラウンジには2つの暖炉があり
友人同士でグラスを片手に
今日のスキーの話で盛り上がったり
読書に夢中になっていたり
思い思いの時間を好きな場所で過ごします。

ラウンジ、ライブラリー、ダイニングと
仕切りのない空間もアマンガニの特徴といえます。
好きな場所で飲食ができることも
滞在中のひとときを「我が家」と思わせてくれる
一因といえるしょう。
素晴らしい客室も満喫したいのですが
なぜかラウンジでくつろぎたくなるのです。

全ての客室には大きなバルコニーが備わり
澄み切った空気を存分に味わえます。
夕暮れ時の刻一刻と変わる空の色
無数の星空は格別です。
夜のベランダで耳を澄ませば
オオカミの声が聞こえてくるかもしれません。

絶景を眼前にした全長35mの温水プール。
アマン温泉気分で長居してしまいます。
スパトリートメントは
女性と男性のセラピストがいます。
問診後、スパマネージャーに
男性をおすすめされたのでお願いしたところ
施述はこれまで受けたマッサージ
トリートメントの中でも指折りです。
本当に素晴らしい体験でした。

「The Grill」は朝食からディナーまで
通しでオープンしているダイニング。
ラウンジやテラス、好きな場所に運んでもらえます。
朝昼夜を2度いただきましたが
地元の食材をメインにした料理は
スターターからデザートまで
何を食べても本当に美味しいのです。
一番印象に残ったのはバイソンのショートリブ。
驚くほどの肉の柔らかさに感動します。
朝食は野菜とお豆たっぷりのメキシカン風パンケーキ。

冬はスキーを楽しむゲストも多くいます。
レンタルが必要な人は
フロントデスクに伝えれば用意してくれます。
ジャクソンホール・スキー場には
アマンガニ専用ラウンジがあり
ドリンクや軽食も用意しています。
スキーの他にもプライベートの
ワイルドライフサファリでは
周辺の環境を熟知したナチュラリストが
たくさんの野生動物を見せてくれます。

One comment to “絶景に抱かれたリゾート”
  1. SECRET: 0
    PASS:
    何度も読みなおしちゃいました。
    ひろみの地球にペタさんのブログこと気になってました。
    また読みにきます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)